アニメ 仕事

いまや日本の代表的な文化のひとつとも言われる「アニメ」。アニメの作品を作る仕事というのは、ゼロから世界や人物を創り上げていく仕事でもあり、そういった点に魅力を感じている方も多いはずです。アニメ関連の仕事に特化した専門学校などを卒業していない限り、アニメの仕事一本で「給与を貰って」「生活する」という事は、未経験者では慣れるまでが難しいと言われています。アニメ制作に関係する職種には2つの系統があります。一つはいわゆるアニメーターで、この職種を目指す場合には人並み以上の画力や忍耐力等が必要とされるようです。もう一つの系統は制作進行です。こちらの仕事は実際に絵を描く仕事ではなく、アニメーターやスタジオに依頼した原画や動画のチェック・運搬、核政策段階のスケジュール管理などを主にする仕事です。

持っていると役に立つ!アニメに関する仕事に有利な資格

アニメ業界やアニメ関連の仕事で生きていく場合に持っていると役に立つ、と言われている関連資格をご紹介します。アニメの仕事に就くだけなら、必須の資格というものはまずありませんが、資格を所持していることによって技術や知識の証明にはなり、何かと有利なると考えられます。アニメ関連の資格は豊富にありますので、ここでは一例のご紹介です。「色彩検定」「CGクリエーター検定試験」など、あとは制作部などの場合は「普通自動車免許」も持っていると有利です。前に述べた2つの系統以外にも、背景や3DCGデザイナー、撮影などの仕事があります。日本のアニメ業界では、下書きで作られた「作画」と「CG]が一体化した作品がよく作られています。この「CG」制作に関しての仕事は専門職となるため、専門学校で技術を学ぶ必要がありそうです。

体力と根気で挑む!アニメに対する情熱がやりがいのある仕事に

アニメ業界は午後から夜中にかけて働く習慣という人たちがほとんどの業界です。体力と根気が必要とされますが、アニメへの情熱が仕事へのやりがいとなるでしょう。どんな業種の仕事でもいえることは、仕事を始めたばかりの頃は雑用や使い走りばかりです。この下働きの間に、この仕事の意味を感じられずに辞めてしまう人も少なくはないはずです。毎日の下働きをしていく中で人脈を増やしたり、各アニメーター、アニメスタジオの能力の見極めができるようになってくるものです。下働き終えるとアニメーターは動画マン・原画マン・作画監督などとなり、制作進行はプロデューサーや演出監督になる人もいたりします。憧れのアニメ業界で仕事をするのは、なみなみならぬ作品への情熱、そして体力と根気が必要とされるでしょう。