アニメ 仕事

アニメに関わる仕事の代表と言えば、やはり声優、動画を思いつく方が多いと思います。もっとも表に出てくる仕事でありアニメの基本ともいえます。しかしそれだけではアニメは作れず、まずは原作や企画といった物語を作る所から始める必要があります。その後、発案された企画から脚本を作り、演出家によって作画、動画などの制作サイドへの元が作られます。そして製作者側のプロデューサーから日程や時間、コマ、予算、そして具体的な点をアニメーターや作画、動画、背景の人達と作っていきます。できた絵だけのアニメをさらに、コンピュータに取り込んだり、効果を付けるなどCGを駆使し、またカメラによって撮影したものに音響を加えることで、キャラクターの声のないアニメが完成します。その後、もしくはその最中に声優が動きに合わせ声を当てることでアニメそのものが完成します。

アニメの仕事は作る人を支える仕事もある

アニメの仕事は実際に関わる仕事だけではなく、間接的に働きかけていることも仕事に入ります。お金を提供してくれる人たち、会社運営そのものをしてくれているひとたち、雑誌やCMを作って広めている人、さらにはゲームやコミカライズとアニメを作る人達を支える仕事、見てもらえるように広める人、支える人もアニメの仕事をしているといえます。またお客様がいなければ、商売として成立しないように、見る人、買う人も携わっているといえますが、これは仕事とは言い難いので別のお話とします。アニメの仕事がしたいと思った人は、まず何をしたいのかを考えてください。絵を作る側に回りたい方は、基本的な画力が必要になります。声優になりたい方は、演技力が必要になります。そのどちらも勉強や努力で得る事ができますが、できないのは仕事を得ることです。アニメを書く仕事は始めのうちはお金にならず、声優はそもそも仕事が無いことが多いと聞きます。

アニメの世界は厳しいが好きや得意を活かせる仕事

アニメの世界は、日本の文化のひとつとして確立していますが、働いている人達の給与という面に関しては、高額な給与がもらえる保証が無い世界です。これは漫画家や小説家、役者や芸人などの世界にもいえます。それでもいいと言う方は、自分の得意分野や好きな分野に進むことが、やはり得策です。最近の動画はセル画に色を塗る方法だけでなく、パソコンを使ってすべて制作する方法も取られています。コンピュータが得意な方は、動画や効果、編集とさまざまな仕事に携われるチャンスがあります。また直接かかわることよりも、もう少し遠くから関わりたいという方は、アニメ制作会社への技術者以外の募集を探してみてほしいです。例えば好きなアニメのオープニングやエンディングのクレジットからいくつかの会社を見つけることができます。