アニメ 仕事

日本のアニメーションは今では世界中で知られることも多くなり人気作品もたくさんあります。近年のアニメ制作においては、諸外国からの評価も高く、産業的にも大きく成長をし続けている分野だと言えます。多くのイベントが国内外では催されていますし、日々多くの作品が量産されていますので、現場ではかなりの過密スケジュールで、多くの関係者のクリエイターたちが、日々頑張って仕事をしているのが現状です。そのためこの業界では人手不足も叫ばれてはいますが、子供の頃よりアニメがずっと好きだという若い人達も相変わらず多くいますし、近年は外国人もその人材として投入されています。この仕事に関係して就きたいと考える方は、このように一般の仕事よりも志や夢を追って業界に入ってくることが多いですので、その分やりがいも感じられます。

アニメ業界で就きたい仕事の方向性を見極める

アニメ業界はいろいろな分野の方々の仕事で、ひとつの作品を作り上げていきますので、この関係の仕事を選ぶ際にも自分がどういった役割につきたいのかをなるべく明確に決めて、必要なスキルを身につけておくことが大切です。たとえばイラストを描く役割なのか、音響をつかさどる役割なのか、はたまた声優として声を担当していく役割なのか、いろいろな分野に細分化されていますので、最終的に就きたい役割を決めて実際の勉強をしていくことが一般的です。多くの場合には、専門の学校に通って、数年のカリキュラムなどでスキルを磨いていくことが多いようです。専門学校やアニメ業界主催のセミナーなどもたくさんありますので、一度足を運んでみて、業界の内側から自分の適性をしっかりと見つめてから、方向性を決めることも良い方法です。

必要なスキルを磨いてアニメ関係の仕事に就く

アニメの制作に関わる仕事は、時間が不規則な面もありますし、良い作品を作り出すための職人気質な面もありますので、これで食べていくとなると、それなりの覚悟も必要になってきます。それでもアニメが好きな方にとっては、やり甲斐も大変持てる仕事です。多くの場合には、アニメの制作に必要な勉強をして、学校や専門学校を卒業してから、実際の仕事に就くことが多いですので、事前の学校の業界への就職率なども大きく影響してきますので、入学前にはそのことも調べておくとスムーズな就職に結びつきます。また近年ではパソコンを使って作業をすることが主流になりつつありますので、実際の現場で必要なイラスト関係のソフトや機器を扱ったり、最低限のパソコンでの知識は必要となってくることが多いですので、それにも対応ができるようにしておきます。